LOADING...

一心+francais N.isshin様 インタビュー | manualズ|山梨のホームページ制作|デザイン

マニュアルズレター

manualz letter

← manualズ LETTER一覧へ

manualz letterINTERVIEW.35

1つの厨房に2つのジャンルが共演
カジュアルにもハイセンスにも
それぞれに、食事をたのしむひとときを

CLIENT

一心+francais N.isshin

店主 石田博文 様・弘樹 様

一心+francais N.isshin様 インタビュー

甲府市国母に店を構えて約40年。和食の道で経験を積んだ石田博文が切り盛りする創作和食の店とし、地域から親しまれてきた「一心」。2018年12月より、博文の息子でありフレンチシェフ・弘樹の「n.isshin」と融合するかたちでリニューアルし、一つの厨房に2人の違うジャンルのシェフが立つ現在の「一心+francais N.isshin」に。創作和食とビストロフレンチを味わうことができる。

INFORMATION


〒400-0043 ⼭梨県甲府市国⺟4-16-19
【TEL】055-222-6491

https://n-isshin.com/

1つのお店に、ジャンルの違うふたりの料理

一心+francais N.isshin様 インタビュー
「一心+francais N.isshin」のお店の特徴を教えてください。

(n.isshin弘樹)
一つの店舗に、2人のジャンルの違う料理人がいて、それぞれ違うメニューを提供しているちょっと変わったスタイルのお店を親子でやっています。元々とんかつを中心とする創作和食のお店からスタートし、2018年にフレンチシェフの息子が融合してお店をリニューアル。現在の形態での営業をスタートしました。一番の特徴は和と洋の専門の味が両方あることだと思います。両方あるから幅広い世代に楽しんでもらえるようなスタイル。もともとのとんかつ屋の常連さん、そこから「n.isshin」に来てくれていた方、そして新規のご近所さん。最近は新しいお客様も少しずつ増えています。

どういった経緯で親子でお店をされることになったのでしょう?

(n.isshin弘樹)
父・博文が年齢を重ね、継承を考えたことがきっかけです。慌てて行うよりもきちんと計画的にやっていこうということになりました。店舗改装のスタートは厨房から。もともと和な雰囲気のお店でしたが、今はとんかつとフレンチ、同じ厨房で横並びで仕事をしています。私たちふたりの料理は用いる機材も違います。同じ厨房でスムーズに料理をするための折衷案は今まだ探っている最中。なかなか簡単なことではありません。お客様もようやく馴染んできてくださったかなと思います。

親子二代、同じ厨房でそれぞれの料理を

一心+francais N.isshin様 インタビュー
お互いの仕事ぶりについて、どんなふうにお感じですか?

(n.isshin弘樹)
黙々と隣り合わせで料理をしています。父が料理人だったから自分も料理人を目指し、小学校3年生くらいから「将来の夢」にはそんなことを書いていました。自分はフレンチで父は和食。互いのジャンルが違うので、同じ厨房で調理をして同じテーブルに料理はお出ししているのですが、互いの仕事にはあまり干渉しないスタイルにしています。ですから、互いの仕事ぶりについて“どう”というのはあまりないかな(笑)。和洋のメニューが両方あるお店ですから、メニューの相談くらいはちょっとしますけれど。

一心+francais N.isshin様 インタビュー
親子二代、一緒に厨房に立つことについてどんなことを思いますか?

(一心 博文)
とんかつはここで40年ほどお店を続けています。「一心」という店名の由来は、「ひとつ、心にまとまるような飲食店になればいいな」と思って。メニューもほとんど変わらず、とんかつ、焼き鳥、焼きそば、お刺身もあります。大衆食堂がちょっと高級になったようなお店を目指してやってきました。大衆じゃ嫌だし、高級すぎても嫌だ。その中間がいいなと思ってやってきました。
息子、いずれはやってくれるかな?と思っていましたけれど、なかなか機会がありませんでした。「一緒に」というのは新しい考えでしたね。違うジャンルも面白いと感じながら同じ厨房に立っています。同じジャンルだったら喧嘩になっていたかもしれないけれど、違うからよかったなとも思いますね。息子も来てくれたことだし、僕はぼちぼち引退かな?(笑)

これからどんなお客様にお越しいただき、お店をどのようにしていきたいですか?

幅広い年齢の方にお越しいただき、末長く楽しんでいただけたら嬉しいですね。土地柄もあって地域の方が多く、「一心」の頃からの常連さんに支えてもらっていた部分が大きいお店です。これからも地域の生活の中に在れたら幸せに思いますし、子どもの頃に来てくださっていたお客様が、また子どもを連れてくるようなお店になるといいかな。2つのジャンルが融合したことによって最近は新しいお客様も増えています。どちらかのお店の常連だった方には少し違和感を感じさせてしまうかもしれませんが、引き続き、ファンでいてくださったら嬉く思いますね。

マニュアルズへひと言

一心+francais N.isshin 店主 石田博文様・弘樹様

マニュアルズにひとこと
知人の紹介でマニュアルズさんを知り、今回のお店のリニューアルに合わせてホームページを作成いただいたのですが、複雑なお店の特徴をとてもわかりやすくまとめていただいて感謝しています。これまではSNSでの発信がメインでしたが、ホームページが出来上がり、お店の雰囲気をちゃんと伝えられるようになったと思います。ホームページのおかげで、お店に来る前のお客さんのイメージのギャップを解消できるようになったかなと。感謝しています。

一心+francais N.isshin 店主 石田博文様・弘樹様
ありがとうございました!