LOADING...

Yard Works(ヤードワークス)様 インタビュー | manualズ|山梨のホームページ制作|デザイン

マニュアルズレター

manualz letter

← manualズ LETTER一覧へ

manualz letterINTERVIEW.10

植物の美しさ持て余さない
四季の移ろいに配慮した植栽設計
「緑」で空間を自在にあやつる

Yard Works(ヤードワークス) 代表

天野 慶 様

Yard Works(ヤードワークス)様 インタビュー

事務所は「家具プラザコシイシ」内、階段下。子どものプレイスペースのようなエントランスのYard Works (ヤードワークス)は植物を主体にした空間デザインの会社。設立は2007年。現在、県内外の個人住宅や店舗の植栽設計ほか、設計事務所、企業(URBAN RESARCH他)とのコラボレーションも多数。四季彩と植物が放つ自然な色の折り重なりを重視した独特の空間デザインにファンが多い。

INFORMATION

〒400-0118 山梨県甲斐市竜王1008
【TEL】055-279-3831

http://www.yardworks-web.com

緑で遊ぶ“唯一無二”の空間デザイン

Yard Works(ヤードワークス)様 インタビュー
「Yard Works (ヤードワークス)」はどんなお仕事をしている会社ですか?

個人住宅のエクステリア(外構)&ガーデン(庭)設計、店舗ディスプレイのほか、知人レベルでしか現在は受けていませんが内装の依頼も頂きます。どれも軸は「植物」。デザインも素材も極力シンプルな外構を植物で演出して彩るような、緑を主体にした植栽設計で空間提案をしています。

どうして「植物」を軸にされているのでしょう?

エクステリアの会社に勤めていたとき、どんなにカッコイイものを造っても、何か足りないと感じることがありました。洋書に学んでいて気がついたのは“植物”の存在でした。そこで植物をもっと知りたいと思い、母が通っていたガーデニング教室に見学に行くと「緑」に衝撃を受けました。植物は空間の主役になれると感じました。建築で遊んでいる人がたくさんいても植物でそれをしている人はあまりいない。面白いし、チャンスだと思い「植物」を仕事の相棒にしました。

Yard Works(ヤードワークス)様 インタビュー
会社勤めから、「Yard Works」として独立されるまでの経緯を教えていただけますか?

ガーデニング教室を開催していたガーデンショップで4年ほど働きました。独立のためでしたので、昼はそこ、夜はバーと掛け持ちして。独立直前には、「頭でっかちになりたくないからいろんな体験をしよう」と3ヶ月ほどヨーロッパを旅しました。ストイックに美術館と公園だけを巡りましたが、日本庭園があると自然と足が止まりましたね。今のスタイルとか自分の色は、ヨーロッパを旅したときに妄想していたことがベースになっています。

「植物を使った空間設計なら、
どこにも負けない気がするんです」

Yard Works(ヤードワークス)様 インタビュー
Yard Works(ヤードワークス)様がデザインする空間の特徴を教えてください。

特徴は、自分なりの解釈を加えた日本らしさ、現代風の日本庭園でしょうか。自分がつくる庭は「四季」がはっきりわかるようにしています。単純な華やかさよりも、自然と醸し出される風合いの美しさ。あとは「成長」とか、「移ろい」も意識しています。植物は植えたときがスタートですから。数年後大きくなったのを見据えたり、初めて植物を扱うお客様が困らないデザインや植物の選択をしていますね。

独自の空間設計ですが、インスピレーションを受けるモノやコトはありますか?

現場に行くと、人がそこで過ごしているイメージが浮かんでくるんです。もちろんクライアントさんあっての自分ですから、要望を聞くことはもちろん、車・食器・雑誌などから好みの世界観を探ります。その上であれこれ妄想して、オンリーワンを提案できるように努めています。昔は雑誌もよく見ていましたが、印章に残ってしまうので今は見ないようにしています。

Yard Works(ヤードワークス)様 インタビュー
「URBAN RESEARCH」や「Landscape Products(ランドスケーププロダクツ)」など人気企業から指名され、断続的に店舗ディスプレイなどを手がけられていらっしゃいますが、何が買われ、何を求められていると感じますか?

都内にはお洒落な造園屋さんってめちゃくちゃ多いんですよね。それでも声をかけて頂けているのは、個人でやっていて単価が安いこと、それと小回りが効くというのもあるかな。感性も少しは認めてもらえているのかなと思います。あとは自分の気持ちとして、植物を使った空間は誰にも負けない!という自信があります(笑)。

Yard Works(ヤードワークス)様 インタビュー
これからやってみたいこと、夢などをお聞かせください。

笑われてしまうかもしれませんが「ハリウッドスターの家をつくる」というのが立ち上げ時からの夢です。時代をときめく人の家の庭。お金をいくら使ってもいいよという人の庭ですね(笑)。世界中に自分が手がけた庭を残したいです。もう一つは、通りをプロデュースしてみたいですね。通りや公園は、きちんとコンセプトをたててデザインすることでどんなに小さくても世界中から人が集まるような気がします。

マニュアルズへひと言

ヤードワークス 天野様

今は意図的にホームページの更新をストップしています。というのも、問い合わせが来すぎるからです(笑)。今年、自宅に事務所兼所ショップをオープンする予定でいます。ショップはガーデン雑貨、植物、アパレルを扱うお店「the soil」、「土壌」という意味です。その際は大きくリニューアルしたいと思っていますので、またお願いしたいと思っています。

ヤードワークス 天野様
ありがとうございました!